忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家の掃除には欠かせない家電製品、それが掃除機。
気が付いた時には掃除機が有ったので当たり前の道具のように思えますが、よく考えてみると掃除機のヘッド部分を動かすだけでゴミを吸い取って部屋を綺麗にしてくれるのですから、凄い機能なのですよね。

そんな便利な掃除機なのですが、最近ではもっと便利に使いやすくなっているようなのです。
そこで、ここでは最新の掃除機に関する機能、掃除機を購入する際の選び方ポイントなどをご紹介したいと思います。

現在掃除機の主流は紙パック方式とサイクロン方式の2種類に分かれています。

紙パック方式だと吸い取ったゴミを紙パックに溜め込み、溜まったら捨てるだけと言う簡単なものです。デメリットとしてはゴミが溜まってくると吸引力が落ちてくると言う点がありますが、ゴミに直接触らずに捨てる事が出来るのは凄い事だと思います。またフィルターの掃除をしなくてもいい掃除機が多いのでその点でも便利であると言えます。

次にサイクロン方式ですが、紙パック無しにゴミを吸引でき、そのまま捨てられると言う利点があります。また紙パックを購入する必要が無いのでコスト面においても良いと言って良いでしょう。でも現在そんなサイクロン式のシェア率は3割程度みたいなのですが、それは何故なのでしょうか?

それは、定期的にフィルターの掃除をしなければならない事だと思います。
掃除をしなければ吸引力が落ちるとなると、なかなか面倒になってきますよね。これが掃除機を選ぶ際の大きな分かれ目になるポイントだと思います。

クロレラサプライの青玉vは慢性的な野菜不足の改善にお勧め
ウイルス対策ソフトが軽いとパソコン動作が快適
トイレトレーニングのリンク集
サーモスのリンク集
アウトドアブランドのリンク集
PR
最近の冷凍庫は、瞬間冷凍の機能が搭載されていモノが増えてきました。
熱いモノがそのまま冷凍庫に入れられて便利です。

これは、「温感ムーブアイ」という機能を応用したもので、熱いモノの温度とその範囲を感知して急速に冷凍するという技術です。

従来の切り替え式では、他の食べ物にも影響が出ていましたが、
ほとんど影響がなくなりました。

冷凍ごはんも、あの不味さがなく、ホクホクした状態で食べられます。

ムーブアイというぐらいですから、三菱だと気付いたと思いますが、
三菱は省エネ機能に力を入れています。

ECOモードでは、冷蔵庫が独自に負荷状況を判断して、使い過ぎ等の判断を目で確認する事ができるようになっています。

青汁三昧にはケールがたくさん含まれています。

評判の脱毛クリームランキングは、肌を傷めずツルツルな脱毛クリームばかり。

レーシックの品川近視クリニックは、症例数が豊富で安心です。
冷蔵庫の最新トレンドとして「冷凍機能の充実」と言うのが挙げられると思います。
どう言った充実振りかというと今まではご飯を覚ましてから冷凍するような感じだったと思うのですが、これが熱いままでもそのまま冷凍出来るように機能が標準装備される事になったみたいです。

これは画期的な事ですよね。

これを受けて各メーカーではホームフリージング機能を搭載した冷蔵庫を次々と発売していくことになっているみたいです。これによりご飯だけでなく色んな物を熱いまま冷凍する事が可能だと言う事になります。

元々この機能を搭載したのは東芝で、「熱もの冷凍室」を冷凍庫内部に配置した事が最初だったようです。今までは熱い物を直接冷凍するという機能はなかなか無かったみたいで、最初は熱い物を熱いまま冷蔵庫に入れて保温すると言った機能、いわゆる「保温」と言う観点での機能があったのですが、この熱い物を直接冷凍出来ると言う機能をアピールして行く事になったみたいです。

またシャープでは熱い物を、冷凍だけでなく、
チルドとしても保温としても使える切り替えが出来る機能を前面に押し出していくみたいです。

また今まではカレーを冷凍しようにもジャガイモを冷凍出来なくて一度取り出すなど不便さも見られたのですが、これを三菱がジャガイモや竹の子でもそのまま冷凍出来るような機能を開発し話題になりました。

これを「温感ムーブアイ」と言う様に呼び、食品の温度を瞬間的に完治して冷凍具合を変えていく機能みたいでジャガイモ入りのカレーも美味しく冷凍出来るようになりました。

ドゥーオーガニックのトライアルセットは、たっぷり2週間分使えてオトク

気になる毛穴の黒ずみは、正しい洗顔とスキンケアで解消できます。

石川遼も絶賛のスピードラーニングは、聞くだけで話すことができる英会話教材です。

ホンダのエリシオンの値引き額は、オプションの有無、グレードによって変わります。
最新「冷蔵庫」の機能を分析してみたいと思います。
2007年の各家電メーカーから発売されていた冷蔵庫は「省スペースで大容量」と言うのが主な特徴だったと思います。また各メーカーの技術が新しくなり搭載されるようにもなりました。ちなみにその技術とは三菱なら「暖冷凍」と言う技術、日立なら「真空チルド」と言う技術、東芝なら「超保湿」と言う技術です。

冷蔵庫は毎年秋頃に新製品を発表している様ですが、2008年版は既に各メーカーとも発売されており新たな冷蔵庫がお目見えしたようです。そのコンセプトとしては「省エネの強化」「新たな冷凍機能」と言う事らしいです。これが今年の冷蔵庫の流行になるのですね。

その中でも省エネで最も威力を発揮したのは日立で600リットルと言う超大容量冷蔵庫を実現させておきながら、消費電力を400kWhにまで年間削減させる事に成功したようです。またこの省エネに関しては他のメーカーも負けてはいなくて大体従来製品より消費電力を30%前後削減させる事に成功していると言う事ですので凄い話だと思います。

また注目したい事が他にもあります。それは冷凍庫を中央の部分に配置したと言う点です。これは東芝以外に限って行なった事みたいですが、省エネや要領アップと言うニーズに伴っての配置換えという事で冷凍庫を中央部分に持ってきたみたいです。これにより、冷凍庫は真ん中、冷蔵室は下段という配置が主流になってくるのではないかと思います。

エバーライフで皇潤の通販は、オトクな100粒お試しをWEB限定で行っています。

肌修復のセルブライトは、毛穴やしわ、ニキビ跡などに効き目があると評判です。

止められると評判の電子タバコ ランキングは、たくさんある電子タバコの中からお気に入りのものを探すのに役立ちます。

ホンダのストリームの値引き額は、オプションの有無、グレードによって変わります。
マイボイスコムは12月14日、薄型テレビについての調査結果を発表した。薄型テレビの所有率は40%に近づいていており、現在所有してない人のうち26%が「3年以内には購入したい」と回答している。

調査は同社の運営するリサーチコミュニティ「MyVoice」登録者を対象に行われ、回答者数は1万9700人。調査期間は11月1日から5日。

薄型テレビを所有していると回答した人(37%)の内訳を見ると、液晶テレビが31%、プラズマテレビが6.4%。所有していない人も、購入予定を半年以内(5.1%)/1年以内(8%)/2~3年以内(12%)/時期は未定だが購入したい(42%)と回答しており、購入に対する意欲は高いといえる。

購入したいテレビの種類は液晶テレビ(63.1%)が圧倒的で、プラズマテレビ(29.9%)やリアプロジェクションテレビ(2.5%)、その他(4.7%)を引き離す。購入を検討したいブランドはシャープ/AQUOSが52.4%でトップ。以下にパナソニック/VIERA(32.7%)、ソニー/BRAVIA(30.5%)、東芝/REGZA(16.8%)、日立製作所/Wooo(14.4%)、パイオニア/KURO(5.5)と続く。ただ、分からない(28.2%)というの回答比率の高さも目立つ。

購入時に重視するのは「価格」(61.4%)、「画質のよさ」(57.4%)の2つが突出しており、「消費電力」(21.3%)や「デザイン・色」(18.2%)「ブランド」(16.8%)、「薄さ」(21%)は価格・画質に比べると重視されていないようだ。

12月に販売が開始された有機ELテレビについても調査された。57.7%が「魅力を感じる」と回答するものの、「魅力的ではあるが購入したいとは思わない」が41.1%であり、実機を見に行き購入を考えたい」と実際の購入まで検討を進めたいと回答したのは16.4%にとどまっている。(+D LifeStyleより)

ジャスポ
30代 転職
HOMENext ≫
ブログ内検索

Copyright © [ 家電最新情報 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

「レンタルサーバー」ってなんだろ