忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by designの地デジ内臓32型液晶テレビ「LW-3202DFK」の価格が79,800円となりました。
とうとうここまで来たか・・・、という印象です。

最初は139,800円で発売されていましたが、合計6万円の値下げとなりました。
地デジ内臓でこの値段はすごいですね。

データ放送や双方向機能などは省略されている が、EPGは利用できますから問題はないでしょう。
できるだけ安く地デジを楽しみたい方にはおすすめです。

母子手帳 交付

近視手術 失敗

家計診断

 
PR

テレビは、現在市販されているものは、液晶・プラズマといった薄型が主流で、国内メーカーは従来のブラウン管テレビの製造を既に打ち切っています。

液晶、プラズマの主な違いは、以下のとおりです。

液晶テレビは、文字通り液晶パネル(LCD)を採用したテレビです。当初はポータブルの小型のみが出回っていましたが、最近では技術の向上により、大画面のものも販売されるようになりました。

プラズマテレビは、PDP(プラズマ・ディスプレイ・パネル)を採用したテレビで、こちらは大画面のものに適しています。当初は高価格だったため、業務用としての使用がメインでしたが、最近低価格化が進んだため、家庭用の大型テレビとしても需要が高まっています。

40代 転職
校正 バイト

ナナオは液晶テレビ「FORIS.TV SCシリーズ」に数量限定モデルとして、ホワイトのカラーリングを採用した“Limited WHITE”「SC32XD2-WT」「SC26XD2-WT」「SC20XD2-WT」を追加、販売を開始した。販売期間も2008年3月31日までに限定されており、用意台数に達した場合は期間内でも販売終了する。

同社が2006年10月に発表したFORIS.TVの「SC32XD2」(32V型)、「SC26XD2」(26V型)、「SC20XD2」(20V型)をベース(→“後ろ姿”を見てほしい――ナナオが「FORIS.TV」新製品を発表)に、全面へホワイトのカラーリングを施した。価格はSC32XD2-WTが22万500円、SC26XD2-WTが18万9000円、SC20XD2-WTが13万6500円。SC20XD2のみ直販サイトならびに直営店で販売される。リンパマッサージ 方法

液晶画面とアンダースピーカーの大きさが1:1となる“スタンディングフォルム”を採用、背面はアルミパネルで覆われており、ケーブル類を収納できるカバーやケーブルガイドも設けられている。未使用時にリモコンをかけておけるフックも用意されている。

液晶画面の解像度はいずれも1366×768ピクセル。32V型のSC32XD2には120Hz駆動+黒挿入の技術が導入されており、動画の残像感を抑えている。そのほか、3波対応デジタルチューナーや1080p対応のHDMI入力、DVDプレーヤーなども搭載する。

配信:+D LifeStyle

海外旅行保険 比較

電機大手各社が厚さ5センチを切る「超薄型テレビ」の開発に本腰を入れている。デジタル家電の主役の薄型テレビに、新技術をいち早く投入することで収益性を高め、シェア拡大を図る思惑がある。千葉市の幕張メッセで2日開幕した国内最大規模のデジタル家電見本市では、各社の超薄型テレビの試作機がそろい注目を集めた。玄米 炊き方
配信:毎日新聞
HOME
ブログ内検索

Copyright © [ 家電最新情報 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

「レンタルサーバー」ってなんだろ